アガリクスとは

太陽のキノコ、神のキノコ

アガリクスとは、南⽶ブラジル原産のキノコで、もともとはブラジル サンパウロ郊外のピエダーテ地⽅に⾃⽣していたとされています。
現地では、太陽の下でも⽣えてくる⽣命⼒の強いキノコであることから「太陽のキノコ」と呼ばれていました。
また、地中の栄養素をたっぷりと吸い上げるため、⼀度収穫すると、同じ土地にふたたび生えてくることはめったになかったことから、「神のキノコ」とも呼ばれていました。

以前は「アガリクス・ブラゼイ(Agaricus blazei)」、「アガリクス・ブラゼイ・ムリル(Agaricus blazei Murill)」などの学名で呼ばれていましたが、現在は、「アガリクス・ブラジリエンシス(Agaricus brasiliensis)」、「アガリクス サブルフェセンス(Agaricus subrufescens)と呼ばれ、和名では「ヒメマツタケ」、「カワリハラタケ」などと呼ばれています。

太陽のキノコ、神のキノコ

古くはキノコ茶として

原産地ブラジルでは、アガリクスは太陽の下でも⽣えてくる強い⽣命⼒を持つキノコとして、もともとキノコ茶などとして飲⽤されていましたが、1960年代にアガリクスの研究が進み、様々な有益なデータが発表されてきたことから、世界的に注⽬を浴びるようになりました。
現在では⼿軽にとれるサプリメントとして、⽇本はもちろん欧⽶でも広く利⽤されています。

古くはキノコ茶として

⽇本では補完代替療法のサプリメントとして

アガリクスは1965年に⽇本に移⼊された後、様々な有益なデータが発表されたことから、補完代替医療※の分野で広く利⽤されるようになりました。
2000年前後にはブームとなり、補完代替療法の分野で利⽤されているサプリメントの中で最も多くの⽀持を受けているという調査結果が出ています。
※補完代替医療=通常の医院、病院で受ける治療(主に⻄洋医学)を補完する医療。漢⽅薬、サプリメントや鍼灸などが含まれます。

⽇本では補完代替療法のサプリメントとして

アガリクスに含まれる
栄養成分

アガリクスには、タンパク質や⾷物繊維、ビタミンB1、B2、B6、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンなどの栄養素や、鉄やカリウム、リン、マグネシウム、亜鉛、銅などのミネラル類が含まれています。主成分としてはβ-グルカン(ベータ-グルカン)が有名ですが、主要な構造が⾼分岐β-(1,3)-D-グルカンを含むβ-(1,6)-D-グルカンとなっているのが特徴です。

アガリクスに含まれる栄養成分

安全で⾼品質な
アガリクスを選ぶ必要性

栄養価が⾼く、国内外で⼈気のアガリクスですが、アガリクスは栽培方法、産地、菌株で栄養成分や安全性が⼤きく異なります。
国⽴健康・栄養研究所のホームページ「健康⾷品」の素材情報データベースでは、アガリクスは「菌株、栽培条件や産地により、その特性や含有成分が異なる」と明記され、厚⽣労働省からも「原材料や製品でかなり品質に差異がある」と注意喚起されています。

私たち東栄新薬は、KA21株を使⽤してブラジルで露地栽培した特別なアガリクス「アガリクスKA21」を扱っています。
東栄新薬のアガリクスKA21に関して、詳しくはこちらをご覧ください。

安全で⾼品質なアガリクスを選ぶ必要性

アガリクスの有⽤性・品質に
⼤きな違いを与える
3つの要素

アガリクスは栽培⽅法、産地、菌株によって有⽤性や品質に⼤きな違いがあります。

1

栽培⽅法

現在、原産地のブラジルをはじめ、天然のアガリクスはほとんど採ることができないため、
アガリクスの栽培⽅法は、ハウス栽培、タンク培養、露地栽培の3つに分けられます。

ハウス栽培

ハウス栽培は、アガリクスの⼀般的な栽培⽅法です。
ハウス栽培という⾔葉を聞くと⼀般的にビニールハウスをイメージされる⽅が多くいらっしゃいます。しかし、実際のアガリクスのハウス栽培は、⽇光を遮った暗い⼩屋の中で⾏われます。
⼈⼯的な環境で栽培しますので、⽣産コストが抑えられると同時に収穫量が安定するといったメリットがありますが、栄養価が低く⼩ぶりなアガリクスになります。

ハウス栽培

タンク培養 (菌糸体)

タンク培養は、アガリクスの菌⽷の部分をタンクで⼈⼯的に培養する⽅法で、短期間で⼤量に⽣産することができます。
アガリクスがブームになったときに普及しましたが、安全性データなどが少ないため、現在ではあまり用いられていません。

タンク栽培 (菌糸体)

露地栽培

露地栽培は、私たち東栄新薬が⾏っている栽培⽅法で、天然のアガリクスに最も近いとされる⽅法です。
灼熱の太陽光をサンサンと浴びる過酷な⾃然環境を⽣き抜いたアガリクスは⽣命⼒が強く、主成分であるβ-グルカンをはじめ栄養成分が豊富です。しかし、天候の影響を⼤きく受けるため栽培が⾮常に難しく、⽣産コストもかかるため、ブラジルの⼀部の農場でしか行われていない栽培方法となります。

露地栽培
アガリクスの栽培⽅法の違いについて
詳しくはこちらをご覧ください。
1

産地

アガリクスは地中の栄養素をたっぷりと吸収して育ちますので、産地の⼟壌の影響を⼤きく受けます。
⼟地が肥えているところで栽培すると、栄養成分が豊富なアガリクスになり、⼟地がやせていると、栄養価の低いアガリクスになります。
また、⼟地が⼯場排⽔などの有害⾦属(カドミウム・鉛など)で汚染されていると、安全性に問題があるアガリクスとなります。

アガリクスの主な産地は、中国産、日本産、原産地ブラジル産があります。

安価だが安全性が懸念される中国産

中国産アガリクスは、安価で⼤量⽣産されています。
しかし、昨今の中国では環境汚染が問題となっており、過去には中国産アガリクスによって肝機能障害などの健康被害が発⽣したこともあるため安全性が懸念されます。

安価だが安全性が懸念される中国産

安全性は高いが栄養価が低い日本産

国産アガリクスは、もちろん安全性が⾼いのが特⻑です。
しかし、狭い国⼟で繰り返し栽培を⾏うため、国産の農作物の栄養価は下がってきています。
国産アガリクスも同様にビタミンやミネラルなどの含有量は少なくなっています。

⽇本産アガリクスは安全性が⾼いが栄養価が低い

⼤⾃然の栄養素を吸収した原産地ブラジル産

ブラジルはアマゾンの⼤⾃然に代表されるように⼟壌が⾮常に肥えています。
そのため、⼤⾃然の栄養素をたっぷりと吸収して育ったブラジル産アガリクスは、栄養価が⾼いのが特⻑です。

⼤⾃然の栄養素を吸収した原産地ブラジル産
アガリクスの産地の違いについて
詳しくはこちらをご覧ください。
アガリクス
1

菌株

アガリクスを含むキノコ類は、真菌類に分類される「菌」の仲間なので、菌株によって特徴が異なります。
菌株とは、簡単に⾔えばキノコの種のようなもので、菌の種類を表します。

研究が⾏われているアガリクスの菌株

アガリクスは菌株によっても特徴が異なることから、各アガリクスメーカーが菌株ごとに研究開発を行っています。
なかでも私たち東栄新薬のKA21株は露地栽培が可能な⽣命⼒の強い菌株で、最も研究実績がある菌株としてさまざまな有益な研究結果が報告されています。
私たち東栄新薬は、KA21株を使⽤してブラジルで露地栽培した特別なアガリクス「アガリクスKA21」を扱っています。

研究が⾏われているアガリクスの菌株
アガリクスの菌株の違いに関して、
詳しくはこちらをご覧ください
東栄新薬のアガリクスKA21に関して、詳しくはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

東栄新薬では、取扱商品ごとにお問い合わせ窓⼝を設けております。各窓⼝までお問い合わせください。
※アガリクスKA21製品に関するお問い合わせは、各販売会社へお問合せ下さい。

法⼈の⽅専⽤
お問い合わせ窓⼝

資料請求・OEMに関してなど

東栄新薬株式会社
0422-26-7310
⽉曜⽇〜⾦曜⽇ 9:00〜17:00
(定休⽇:⼟⽇・祝⽇・年末年始)

医療関係者・獣医師の方専用
お問い合わせ窓口

資料請求・無料サンプルのお申込み

株式会社ケーエーナチュラルフーズ
0422-72-8120
月曜日~土曜日 9:30~18:00
(定休⽇:日・祝・年末年始)

アガリクスKA21製品の
販売サイトはこちら

  • キングアガリクス100通販サイト
  • 美ルート通販サイト
  • Beauty360通販サイト
  • 獣医師の方専用通販サイト
  • ペット用キングアガリクス100通販サイト